憎いし苦痛

中日新聞」・平成18年10月4日・夕刊
美しい国考」より

憎いし、苦痛。安倍晋三首相が訴える「美しい国」を逆さまに読むと、こうなる。東京都内の病院で働く女性(四〇)は、同じ母子家庭の友人に言われてハッとした。美しいと苦痛という“光と影〝をはらんだように聞こえる国づくり。「自分たちは切り捨てられるのか」と、怖くなってきた。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/815178.html

これはすごい

もう何でもあり,という様相を呈しています.どこかでも触れられていましたが,まだ何もしていないうちから,批判が多すぎるような気がします.もう少し,実際の活動を見てからでもいいのでは,と思うのですが.

恐らくは,阿部内閣の間に消費税を上げたりとか,国民の気に食わない政策をいろいろと実行していくのでしょう.そう考えると,実は切り捨てられたのは阿部内閣の方だったのかも・・・?と思ってしまいます.

広告を非表示にする