飲める人飲めない人

の間にはある程度の溝があります.まぁ,当たり前ですが.私も,飲めない人がどういう気持ちで飲み会に参加してるのかは,あまり分かりません.と,思いつつも酒飲み(らしい)側から思ったことを徒然と.

そもそも,飲み会で良く聞く「えー」のえーはどれ位本気なのか.酒飲み側は,飲まない側が考えてるほど本気で言っている訳では,多分ないと思います(じゃあ,そんな事言うな,と言われると困るが).なので,えーと言われた後に,“いや無理ですって”とかダメ押しすればそれでいいですし,“俺/私なんかよりもXXXが飲みたがってるよ☆”とか,酒飲みの方に矛先を向ければ案外簡単にそっちへ行ってしまう,と思います.酒飲み側は,“単に盛り上がるネタが欲しいだけ”の場合がほとんどです.飲み会での言葉は,どちらかと言うと飲まない側の人の方が重く受け取ってしまいやすいのですが,できればもう少し軽く流してくれればな,と思います.

まぁ,とは言え確かに自衛も必要かもしれませんね.そういう意味では(いかなるときでも飲み会では絶対飲みたくないならば),“飲めないことにしておく”のは有用かもしれません.私なども,今日はちょっとマズい時などもある訳ですが

「今日は,ちょっと無理」
「ハイハイわろすわろす」
「何?それネタ?」

と既に本気にしてくれません.マジヒデェ.

しょうがないんで

「ゴメン,今日ちょっと肝臓が」

ざわっざわざわっ

というネタを使ったりして回避したりします.

最後は,ちょっとネタっぽくなりましたが.飲めないとか飲みたくないとかあまり気にせず,少なくとも飲み会に楽しみがあるなら,参加して欲しいなぁと思います.40人位の比較的大きな飲み会にも年数回参加しますが,本気で飲んでいる連中は10人にも満たない位です(この辺も,環境によるが).大概の人は,ちょっとだけ飲むかまったく飲まないかな状態で,楽しくしゃべっていたりします.それぞれが,楽しみ方を見つけてくれれば良いのだけど,と酒飲みとしては思う次第です.

広告を非表示にする