iPhone でブログを書いてみる

最近、巷の流行に乗ってか iPhone を手に入れまして、せっかくなので iPhone で記事を書いてみました。

iPhone を触った感想としては、「大きな不満はない」と言うもので、Android は触った事がないので比較はできないですが、観測できる Android の反響を見ている限り、それ(大きな不満はない)は凄い事かもなと感じます。

使い方としては、パソコンがないときにメールやら Web やらを確認すると言う感じです。一番大きいのは地図で、これはよくお世話になります。

後、フリック入力は確かに可能性を感じる入力方式で、キーボード入力に追いつくのは、少なくとも私には、無理そうですが、だいぶ入力を高速化できそうな気がします。

ただ、タッチパネルと言う媒体は思ったよりも人を選ぶようで、例えば私の母などは殆どタッチパネルが反応しないらしく、乾燥肌の人には辛そうです。後、爪が長い時も入力しにくいそうで、諸々を考えるとボタン形式の携帯端末も需要は結構あるようです。

携帯端末の大きさも最近は大型化の傾向にありますが、女性には大きすぎるのような指摘もネット内外関わらず聞くので、Xperia ray のような小型モデルの充実も課題となってきそうです。

全体的にパソコンユーザのためのデバイスと言う感じなので、スマホに完全シフトするには既存の携帯電話ユーザとの兼ね合いが大変そうだなぁと言う気がしました。

...と、毒にも薬にもならない記事を書いて終ります。携帯端末から書いてるとどうも頭が回らないので、閲覧ソフトを越えるような使い方は、個人的には無理そうです。

広告を非表示にする