Facebook は他人が自分のタイムラインに投稿できる

先日、Facebook の通知を見ていると「○○さんがあたなたのタイムラインに投稿しました」と言うなかなかアグレッシヴなメッセージを受け取りました。実際に自分のタイムラインを確認してみると、確かに自分の友人(正確には、自分の友人が許可したゲームアプリ)が私のタイムラインに表示されるように何らかのメッセージを投稿していました。

これに関する設定はどこだろうと思って少し見たところ、「プライバシー設定」で行うようです。

上記の「あなたのタイムラインに投稿できる人」と言う項目の(恐らく)初期値が「友達」になっているので、これを「なし」に変更する事で他人が自分のタイムラインに投稿できなくなるようです。あるいは、「他の人があなたのタイムラインに投稿したコンテンツの共有範囲」で「自分のみ」と言う設定にできるようなので、「友人は自分のタイムラインに投稿できるが、投稿されたものを実際に閲覧できるのは自分だけ」と言う管理も可能なようです。

Facebook の「タグ付け機能」が怖い - Life like a clown でも少し述べましたが、私自身にとっての Facebook は、Web 上での(本名での)名刺的な役割で実際にはほとんど使用していないのですが、Facebook放置するには危険な Web サービス だなぁと言う印象が強いです。

「嫌なら辞めれば良い」と言う気もするのですが、Facebook はなまじビジネス寄りになったせいで仕事の関係上アカウントが必要になりかける*1事もあって、なかなかアカウント自体を消すと言う行為には踏み切れないでいます。ただ、2, 3件「Facebook は怖いな」と感じた事例に遭遇したので、プライバシー設定等は一度きちんと全て確認してみる事にします。

*1:私自身は、まだ実際に必要になった事はないです。

広告を非表示にする