Twitter ユーザ層の偏りなのか、ハッシュタグ使用者層の偏りなのか

http://blog.jp.twitter.com/2013/12/twitter2013_5319.html と言う記事で Twitter 上でのカテゴリ別年間トップ 10 が公開されていますが、この中で「ハッシュタグ」カテゴリの結果が興味深いものとなっていました。以下に、「ハッシュタグ」カテゴリの年間トップ 10 と、参考までに該当するものの Web サイトのトップページのスクリーンショットを列挙してみます。

上記を見ると、かなり「アニメ・ゲーム」の分野に偏っている事が分かります。『Free! Series Portal Site』 辺りはアニメの中でも(ランクインしているそれ以外のアニメとは)また層が違うようにも推測されますが、「ハッシュタグ」と言う特定ジャンルを指定した括りではないにも関わらず、特定の層の趣味嗜好が色濃く表れている結果となっています。何故これほどまでに結果が偏ったのか気になって原因を妄想しているのですが、現状では以下の 3 点のどれか位かなぁと思っています。

  1. Twitter のユーザ層自体が偏っている
  2. ヘビーユーザ層(1 日辺りの平均ツイート数が際立って多い層)の趣味嗜好が偏っている
  3. ハッシュタグ」と言う機能を使う層の趣味嗜好が偏っている

2 と 3 は同じ事を言ってるような気もするのですが(ハッシュタグと言う機能を理解して使用している層はヘビーユーザ層である)、いずれにせよ、割と多様な層に普及しつつある(と感じていた) Twitter においても、上記のように特定のジャンルに偏るようなランキング結果になるのは興味深く感じています。

広告を非表示にする