Skype の高負荷問題が修正された模様

以前に 既定ブラウザが Google Chrome だと Skype が暴走(CPU 使用率 100%)する - Life like a clown と言う記事を書いたのですが、これに関連して先ほど Windows版Skype新バージョン、Chromeがデフォルトの場合の高負荷問題を修正 -INTERNET Watch Watch と言う記事を見つけました。手元の環境でアップデートして確認してみたところ、確かに既定ブラウザが Google Chrome(*.htm の関連付けが Chrome)であっても CPU 使用率は 1% 未満になっていました。

そんな訳で、以前に投稿した現象は最新版へアップデートする事で解消されるようです。

尚、前述した記事にもあるように、この現象が修正されたバージョンは 6.13 系 です。Skype メイン画面の「ヘルプ」→「アップデートの確認」からアップデートしようとした場合、それ以前のバージョンであってもアップデートを促す画面が表示されない事があります(アップデートの負荷分散の関係か何かだろうと思います)。上記の問題が発生している人は「ヘルプ」→「Skype について」からバージョン情報を確認して、必要であれば Web からインストーラをダウンロードしてくる等の対応を取るのが良いと思います。

広告を非表示にする