干支と株価

今年の市場「いぬ笑う」? えとで占う平均株価という記事が上がっていました.これによると,

上昇率が大きいのは、「繁栄」のね年(40・3%)や「天井」のたつ年(29・0%)。逆に「つまずく」うし年は11・4%下落し、「尻下がり」のうま年も7・5%のマイナスで、格言と株価は不思議と符合している。

とのこと.個人的には,こじつけじゃね?とか思っているんですが,それだと話が終わってしまうので,理由をちょっと考えてみました.

理由として,おもしろいのがろじかぶ。のテクニカルに関するワタナベの考え方というエントリ(直接↑とは関係ないのですが).ここでは,

テクニカル手法は信じない。
しかし、テクニカル手法を信じている人が多いことは信じている。

ということが,書かれていました.この考え方には,なかなか説得力があるなと思っていて,いつか紹介したかったのですが.それで,上の格言をもとに考えると,私自身は,干支の格言と株価に関係があるとは思っていません.しかし,関係があると考えている人もいる(だろう)とは思っています.そして,その関係があると考えている人達は,今年(戌年)は株価が上がるはずだからと積極的に投資を行います.すると,そういった人達のおかげで株価が上昇することになり,結果として干支と株価に関係ができてるのではないかなと.

正直,この考えを今回の例に当てはめるのは無理があるかなぁとは思っているのですが,まぁ理由の一つくらいには.

広告を非表示にする