なぜYahoo!検索なのか

「世界各国でGoogleのウェブ検索のシェアが高いが、日本では圧倒的にYahoo!検索が強い。これは興味深い現象だ。なぜかと聞かれても分からないが……」。ネット視聴率調査のネットレイティングス 代表取締役社長 萩原雅之氏は頭をひねる。米国、英国など欧米ではGoogleの人気が高く、50〜70%以上の利用率を誇る。対して日本ではYahoo!検索の利用率が上回る。


Yahoo!がGoogleより人気の日本、なぜと頭をひねる

ウェブ検索を行う際に,日本ではGoogleよりもYahoo!を良く使用しているという記事.私は,検索する際にはほぼGoogleを使用していたので少し驚きました.そこで,今回はなぜYahoo!検索のシェアが高いのかについて少し考えてみます.

なぜGoogleなのか

まず,上記の理由を考える前に,逆に“なぜWeb検索をGoogleで行うのか”の理由について考えてみようと思います.この理由はいくつかあると思いますが,個人的にはGoogleツールバーの存在が大きな理由の一つではないのかと思っています.

Googleツールバーをインストールしておくことにより,検索を行う度に検索用Webサイトを開く必要がなくなります.実際,私もウェブ検索はほぼGoogleで行っているにも関わらず,ブックマーク(お気に入り)にGoogleのホームページは登録されていなかったりします.Googleツールバーの出現により,Web検索の利便性はかなり向上しましたが,同時に,このGoogleツールバーを通して検索を行うスタイルの定着が,昨今の“Web検索=Google”を決定付けるのに大きく貢献する事となりました.

日本のユーザの多くはカスタマイズを行わない可能性

そして,最初の“なぜYahoo!なのか”の理由について.ここで,一つ仮定を置いてみます.それは,“日本のユーザの多くは,ブラウザのカスタマイズを行わずにInternet Explorerをデフォルトのまま使用しているのではないのか”というものです.この仮定が正しければ,日本のユーザの多くは先に述べたGoogleツールバーをインストールしていないことになり,検索を行う際には一旦検索用Webサイトを開く必要があります.ここで,日本では“ポータルサイト=Yahoo! Japan”という現状を考えます.

萩原氏は国内でのYahoo! JAPANの強さについて「日本人がWebサイトを利用する全時間のうち、十数%はYahoo! JAPANのサービスを使っている。IT業界にはGoogle脅威論があるが、日本ではYahoo! JAPANの方がネットビジネスへの影響が大きい」と話した。


Yahoo!がGoogleより人気の日本、なぜと頭をひねる

つまり,日本人の多くはかなり長い時間Yahoo! JAPANのホームページを見ていることになり,Yahoo! JAPANの検索用ボックスが目に入る頻度も多くなります.その結果,その検索用ボックスが頭の中に残るようになり,Webサイトの検索を行おうとした時に自然とそれ(Yahoo! JAPANの検索用ボックス)が思い出されるからではないかと思います.また,検索を行おうした時にWebブラウザにYahoo! JAPANが表示されていたという場合も多いだろうと予想でき,目の前に表示されている検索用ボックスで検索してみる,という人も多いのではないかと思います(そしてその行為が,その人にとって“Web検索=Yahoo! JAPAN"という認識をさらに強くする).

この辺りは,例えば,MicrosoftInternet ExplorerMSN Messengerに(Microsoftの検索サイトで検索を行うための)検索用ボックスを標準で搭載したりすると,状況がまた変わってきそうで少し興味を引かれます.

何故か?それが最も手近にあったから.

広告を非表示にする