ハンガリーGP '06

自動車のF1世界選手権第13戦ハンガリーGPは6日、ハンガロリンク・サーキットで決勝(70周)が行われ、ジェンソン・バトン(ホンダ)が優勝した。

ホンダが車体とエンジンをともに製造する単独チームとしては、1967年イタリアGP以来39年ぶり3度目の優勝を果たした。

ホンダ勢としては、エンジンを供給していたマクラーレン・ホンダ時代の92年11月の豪州GP以来14年ぶり。通算では72勝目。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060806-00000514-yom-spo

アロンソvsシューマッハな2006年F1ですが,ホンダが優勝とのことで驚きました.実に14年ぶりということだそうで.2004年頃はほとんどフェラーリ1強でしたが,ここ最近は他のチームのマシンも性能が向上してきているようで.チャンピオン争いも混沌としてくると,もっと面白くなるかもしれませんね.

広告を非表示にする