有馬記念 '06

有終の美.中山コースは大丈夫なのかななどと思っていましたが,ふたを開けてみるとJC以上に安定感のあるレースで圧勝.お見それいたしました.これで,今年は万票で年度代表馬に決定かな?

ここ最近はあまり目に付かなくなっていたのですが,ディープ最大の武器は,上がり3Fの末脚もさることながら,3角から4角のあの先頭集団への取り付く脚だな,と改めて思いました.ただ,去年の有馬記念でもそれはやっているのでやはりラストの脚は必須なのでしょうが(さっき見ていたら,確かに去年はラスト200mは伸びてないですね).

さて,これでディープインパクト現役生活終了.ここ1,2年は全体的にぱっとする牡馬がいなかったために,ディープ自身のパフォーマンスでしか強さを示せなかった訳ですが(それでも,最強だよなと思わせる辺りは凄いと思う),近2走(JC,有馬記念)はそれなりにライバルにも恵まれて良かったのでは,と思います.特に,有馬記念は,今年の主要(牡馬)GIを勝った馬の中では,ソングオブウインド以外は結局全部出てきてたということで,そのメンバであのパフォーマンスを示せたのは良かったと思います.

その他に関しては,3歳両頭がそれなりに先の見える結果を残してくれて何よりです.メイショウサムソンの方は,もう少し絞れればもっと良くなってくるのかな.ネオユニヴァースの影がダブりますが,頑張って欲しいところです.ドリームパスポートの方は,菊花賞の取りこぼしが痛いところです.菊花賞さえ取ってれば,最優秀3歳牡馬はこっちになりそうだったのですが(さすがに,無冠じゃ無理かなぁ).後は,ダイワメジャーがやはり凄いですねぇ.1,600m〜2,500mと距離にかなり融通が利くのが凄い.グラスワンダー以来でしょうか.

最後に,Yahoo!300kbps1Mbps)とJRAHIGHLOW)で公開されている映像がなかなか面白いです.4角過ぎた辺りで走り方が変わる瞬間が映っていて,“確かにギアが変わっているな”と思わせます.