CubePDF Viewer

仕事の方の話ですが,CubePDF Viewer と言うソフトをリリースしました.

http://blog.cube-soft.jp/wp-content/uploads/2010/11/cubepdf-viewer-w600.png

ここ最近,

C# 関連の話をいろいろ書いていましたが,主にこれ用に調査・検証していたものでした.PDF 閲覧ソフトのシェアとしては Adobe Reader (Acrobat) が圧倒的でどの程度の需要が見込めるのかは未知数なのですが,最近 Adobe は狙われているのかなぁと言う気がするくらい各種製品への脆弱性報告が頻発しているので,それを嫌った乗り換えが見込めるのかなと言う気もします.

描画エンジンとしては,PDFLibNet と言うものを利用しています.PDFLibNet は xPDF/MuPDF の .NetFramework ラッパなので実質的には MuPDF の描画エンジンを用いて PDF の内容を描画しています (xPDF/MuPDF の描画エンジン選択形式で,CubePDF Viewer では MuPDF を採用しています).ただ,@rofi に検証してもらったところ,オリジナルの PDFLibNet は結構メモリリークを起こしているようなので,いくつか修正をかけています(修正版は,GitHub - cube-soft/PDFLibNet: PDFLibNet を CubePDF シリーズ用にカスタマイズ).

私はもともとライブラリ脳な人と言う事もあり,WindowsGUI 部分をまともに書いたのは今回が初めてだったのですが*1,ユーザにストレスなく扱ってもらえるような形にするのはなかなか大変で,特に,サムネイル画像部分の表示は慣れずにやるのは大変だなぁと感じました.

まだまだ予期せぬバグなどもたくさんありそうですが,ユーザからのフィードバックを元にしてぼちぼち良いものにできればと思います.関係ないですが,Visual Studio 2010 を入れていた関係 (.NetFramework 4) で,.NetFramework 2.0/x64 ターゲットで C++/CLI のライブラリをビルドするのがかなり大変でした・・・ Microsoft さんは, C# さんだけではなく少しは C++/CLI さんも気遣ってあげて下さい・・・

*1:これより前に CubePDF と言うソフトをリリースしているのですが,この時は GUI 部分があまり難しくない事もありアルバイト生に任せていました.