勝負事のアヤと運命

久々の更新なのに話題は競馬.

28日、東京競馬場で行われた第30回ジャパンC(3歳上、GI・芝2400m)は、C.スミヨン騎手騎乗の圧倒的1番人気(1.9倍)ブエナビスタが後方から一気に差し切り1位入線したが、最後の直線でローズキングダムの進路を妨害したとして、2着に降着となった。

ブエナビスタまさかの降着!ローズキングダムが頂点に輝く/ジャパンC

ブエナビスタに関しては,札幌記念騒動(凱旋門賞回避)のときに以下のような所謂オカルト的な記事をいくつか見ました.

そして不思議なもので、勝負事で妙なアヤがついた馬は、その後運命が急転することがある。ブエナビスタがその轍を踏まないよう、切に願うものである。

なんとも不可解 | 白線の内がわ

実際,ブエナビスタのその後の2戦(秋華賞の3着降着エリザベス女王杯の近年稀に見るネタ的なレース)は,何と言うか,変な負け方だなぁと言う印象が残りました*1

http://livedoor.blogimg.jp/vitaminw/imgs/8/5/855ff8f6.jpg

えー、長いので要約すると…

1着:「いい形だなー」
2着:「気持ちいいー」
3着:「今気づいたけど、もうダメだ…」
4着:「今気づいたけど、もうダメだ…」
5着:「今気づいたけど、離れすぎ…」
6着:「今気づいたけど、ずっと前に2頭いる…」

気づくの遅せぇよwww

http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/52376038.html

今年は去年の秋以降の鬱憤を晴らすような勝ちもいくつか見られていたので「運命が急転」と言うほどでもないのかなぁと思いながら見ていましたが,こう言った変な負け方を見る度にあの時の各種記事を思い出してしまいます(こう言う見方をしてると,有馬記念宝塚記念のような負け方でも,「この馬の運命なのかなぁ」とか変な目で見るようになってしまうので良くないのですが).

偶然なのでしょうが,勝負事には不思議な事があるなぁとよく感じます.

*1:秋華賞降着を抜きにしても負けてるのでアレですが.