デジアナ変換 - なぜ未だにアナログテレビで放送が視聴できるのか?

アナログテレビ放送が終了 58年の歴史に幕 - ITmedia NEWS

先日,ついにアナログ放送が終了しました.ここ10年位テレビはほとんど見る事がなく,買い換える気もなかったのでこれでテレビとも完全にお別れかなぁと思っていたのですが,先日,何気なく自宅でテレビを付けてみると相変わらずテレビ番組が放送されていました.アパートの方で何かやったのかなぁと思っていたのですが,後からケーブルテレビによる「デジアナ変換」と言うもののおかげと言う事を知りました.

デジアナ変換とは
  • 総務省からの要請によりケーブルテレビ事業者が始めるサービスです。
  • 2011年7月24日の地上アナログ放送終了後も地上デジタル放送をアナログ方式に変換して再送信するサービスです。実施期間:2011年春〜2015年3月末日
  • J:COM経由でテレビをご覧の皆さまは対象期間中、アナログテレビのままで引き続き地上波がご視聴いただけます。
デジアナ変換サービス | J:COM TV(ケーブルテレビ) | ケーブルテレビ(CATV)のJ:COM

そんな訳で(大手の?)ケーブルテレビに加入しているアパート・マンションに住んでいる人であれば,地デジ対応のテレビ(もしくはチューナー)を購入しなくてもまだしばらく見られるそうです.しばらくと言っても 2015 年 3 月までと後まだ 3 年半も残っているようなので,アパートとかマンション暮らしみたいな人は,何もしなくとも世の中の方が適当に動いていくんじゃないかなぁと言う感想を抱きました.

広告を非表示にする